ヤミ金に手を出してしまうケース

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

ブラックリストに名前が入っている場合

これまでに消費者金融や銀行、他にもクレジットカードなどを作成して使用したことがある人の中には借りたお金をきちんと返済することができずに債務整理などで借金の整理をしたことがあるという人もいるかもしれませんが、債務整理をすることによって直接的に借金問題を解決することができる一方でブラックリストに入ってしまうペナルティもあります。
ブラックリストというのは過去に金融トラブルを起こした証でもありますが、金融トラブルを起こした人に貸すリスクが高いという金融機関側の意向があるので、基本的にブラックリストに名前が入っている人というのは銀行や消費者金融から新たに借りることができません。
そのため、急にお金が必要になった場合などにブラックリストに名前が入っている人はついついヤミ金を利用してしまうということに繋がることがありますが、ヤミ金は正規の金融機関でお金を借りることができない人をターゲットにしているので、ブラックリストに入っていても貸し出しを行うのが特徴になっています。
しかし、ブラックリストに名前が入っている状態でヤミ金を利用してしまうと金利の高さや手数料の高さなどから一気に借金地獄へと陥ってしまうことになるので、そうならないようにするためにもきちんと対策を練ることが必要になってきます。
ヤミ金は一度でも利用してしまうと返すことができなくなるということを肝に銘じる必要性があるのでその点には注意しましょう。

急ぎでお金が必要な場合

急ぎでお金が必要になるケースは日常でも多くあるかもしれませんが、その際に銀行や消費者金融では即日融資に対応しているところが増えているので、これらの金融機関に申し込みをしてお金を借りることによって急なお金の借り入れに対しても対応することが可能になります。
即日融資に対応している銀行や消費者金融はインターネットを利用することでも最寄りの対応している金融機関を調べることができるようになっていますが、急ぎの場合は気持ちが焦ってしまう傾向にあるので、条件が良いところを中心に探してしまう人が多いのも実際のところです。
また、条件が良いところを探す中でヤミ金が目に入ってしまうことが多く、今は明らかにヤミ金であるという見た目ではなく、消費者金融のような形になっているところが多いのでついついヤミ金を利用してしまうことがあります。
そのため、急ぎでお金を借りる場合ほど金融機関選びは慎重に行う必要がありますが、あまり名前を聞いたことがないような金融機関から新たに借りようとしている場合は事前に情報をきちんと調べておくようにしましょう。
また、銀行や消費者金融などで即日融資の利用を考えている場合についても借りることばかりを考えるのではなく、借りたお金をどうのように返済していくかということもイメージすることが大切です。
借りようとしているお金が本当に必要なお金かどうかということも今一度確認してから借り入れを進めていくようにしましょう。

保証人になってしまっている場合

銀行や消費者金融からお金を借りている人も多くいますが、昔に比べると上限金利は引き下げられているのでお金を借りても返済にかかる負担というのはかなり軽減されており、カードローンの少額借り入れでも金利が20%を超えるようなことはありません。
また、最近は保証人が不要でローンの借り入れができるところも増えていますが、これは保障会社が入っているためで、もしお金を返すことができなくなっても借りている金融機関は保障会社から保険として保障してもらうことができるのが強みになっています。
昔は保証人になってしまったことがきっかけとなって多額の借金を抱えてしまって、銀行や消費者金融からお金を借りることができなくなったことを理由としてヤミ金を利用してしまう人が後を絶ちませんでした。
ヤミ金は金融機関からお金を借りることができなくなった人を対象として貸し出しを行うのが特徴になっていますが、借りることができなくて困っている人はヤミ金利用のリスクが高まるということも肝に銘じなければなりません。
また、保証人になってしまったことの借金については自分で抱えた借金ではないので思うところもいろいろとあると思いますが、返すことができないほどの借金を抱えた場合は無理をせず債務整理をすることがおすすめです。
債務整理にもいろいろな種類があり中には財産を失うことなく借金整理をすることができるタイプもあるのでまずは調べてから検討するようにしましょう。

借り入れができなかった場合

銀行や消費者金融からお金を借りるためには審査を受ける必要がありますが、即日融資においても必ず審査は越えなければならない壁となっており、いくら借りる必要がある状態でも金融機関の審査にクリアしないと一円もお金を借りることはできないという点に注意が必要です。
審査条件はそれぞれの金融機関によって違っているので一概には言えませんが、金融機関側の気持ちになってみると分かる部分も多く、貸したお金が手元に戻ってこないという状況は避けたいというところが多いため、安定した収入が無い人に対しては貸し出しリスクが高まることから貸し出しを許可しない場合が多くあります。
また、過去に金融トラブルを起こしたことがある人やブラックリストに名前が入っている人なども信用情報が著しく低下してしまっていることから貸し出しを許可しているところは少なくなっています。
このような場合に借り入れができないという理由からヤミ金を利用してしまうケースは少なくありませんが、ヤミ金を利用してしまうと最初はスムーズに借りることができても返済することは絶対に不可能と言っても過言ではない状況になってしまいます。
ヤミ金を利用しないようにするためにも銀行や消費者金融でお金を借りることができなかった時点で諦めることをおすすめします。
金融機関がお金を貸してくれないということは借金しても失敗する状態にあるということにもなるのでその点をきちんと自覚しなければなりません。

広告に釣られる

すぐにお金を借りる必要があるという理由からインターネットでお金を即日で借りることができるところを探そうとする場合に金融機関の広告を見かけることがあると思いますが、借り入れをすぐに行いますと書いているようなところはヤミ金である可能性があるので利用については注意する必要があります。
ヤミ金は違法な貸し付けを行っている金融機関のことですが、正規の賃金業者としての登録を受けてないので法律順守というのは全く通じず、違法な金利だけでなく執拗な取り立てや催促など受けてしまうことになります。
また、最近では減ってきているものの電信柱や駅の構内などにある金融機関の広告についても違法な業者であるケースが多く、お金が急に必要な状態になって焦っているような場合は利用してしまう可能性があるので注意する必要があります。
広告に釣られてしまわないようにするためにも金融機関を利用してお金を借りようとする場合は事前の準備が必要ですが、インターネットの利用によって大抵は業者の評判が見えてくると思うので、まずはチェックするところから始めるようにしましょう。
ヤミ金と言ってもさまざまなタイプのヤミ金が世にはいるので、信頼できるような感じがしても必ず金融業者としての登録があるかどうかということを調べておくことが大切です。
また、もし利用してお金を借りてしまった場合はヤミ金問題に強い弁護士や司法書士などに相談をして問題解決を図っていくことをおすすめします。

知らないで利用してしまう

ヤミ金を利用する人の中には違法業者だと知らないでお金を借りてしまうような人もいますが、昔は誰がどう見ても違法業者だと分かるところが多かったものの、法律が改正されて取締りが強化されてからはオープンな貸し出しが難しくなったので、法の網の目から逃れるように借り入れをするようになりました。
ヤミ金を利用してしまわないようにするためには申し込みをする前に正規の金融機関として実在するかどうかということを調べることをおすすめしますが、賃金業者としての登録がきちんとある場合は番号を照会することによって性器の金融機関かどうかということを知ることができます。
また、ヤミ金であると知らないで利用してしまった場合についても慌てて返済しようとするのではなく借金問題やトラブルに強い法律事務所などに相談をして法的な解決ができないかどうかということを検討するのも方法としてあります。
いずれにしてもヤミ金はどんな状況であれ利用してしまうと返済が難しくなってしまう特徴があるので、利用しないように細心の注意を払うことが重要になってきますが、どんな場合でも慎重さを欠かさないように下調べは怠らないようにしましょう。
また、どのような目的があってもお金を借りるということは借金をすることなので、きちんと完済に向けた返済計画を立ててから借り入れをすることが大切で、それをしないでお金を借りてしまうとリスクを伴うという点にも気を付けてください。

PAGE TOP