ヤミ金の形態と対応方法

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

担保型のヤミ金

急なお金の借り入れが必要になって困った場合でも銀行や消費者金融で申し込みをすることによってお金の借り入れをすることができるようになっていますが、今はインターネットで申し込みをしてから借り入れをするまでが可能になっているので安心して利用することができます。
しかし、誰でも借りることができるというわけではなく借りるためにはきちんと審査を受けてその審査にクリアしなければなりませんが、金融機関は審査を厳しく設定しているところが多く安定した収入が望めないような場合は新規にお金を貸してくれるようなことはありません。
その場合にヤミ金を利用してしまう人が多いのですが、借り入れをする代わりに担保を差し出さないといけないところが多く、住宅や車を担保とする代わりにお金の借り入れができるようなシステムになっています。
しかし、ヤミ金は最初からお金をきちんと完済させる気など全くなく、担保に設定している財産まで徴収することをたくらんでいるので、担保に出してしまうとそれを手放す確率は高くなるということにも注意しなければなりません。
担保型のヤミ金は昔に比べると増えていますが、これは業者側が違法な金利で貸し付けるのが難しくなったことも理由としてあり、最初は低金利で貸し出しをして少しずつ金利を上げて精神的に追い込んでいくのが常套手段です。
いずれにしてもお金を借りる場合はそうしたリスクがあるということにも考慮する必要がります。

高齢者をターゲットにしているケース

最近のヤミ金がターゲットにしているのは高齢者ですが、高齢者の多くは安定した年金という収入があるので、これを狙っているヤミ金が多くなっていて実際に被害件数というのもお年寄りを中心に増えているのが現状です。
そのため、高齢者でお金が無いからヤミ金の被害に遭わないというような過信をするのは危険で、いつどんな時に魔の違法業者の手が伸びてくるか分からないという点にも注意が必要です。
また、ヤミ金は裏取引によって高齢者の名簿などを仕入れていることも少なくないので、普段からお金を借りることはないので自分だけは大丈夫と思っている人でも業者から連絡や家に来て対応するとついつい借りてしまうようなこともあるので注意が必要です。
お金を借りる際に年金通帳などを担保に取られてしまうことが多いのも特徴となっていますが、高齢者になってくると銀行や消費者金融などでお金の借り入れができなくなるところが多いので、どうしてもお金が必要で仕方がないという高齢者が違法業者だと分かっていて借りるようなケースもあります。
いずれにしてもヤミ金に手を出してしまうということは借金地獄の入り口に突入した危険な状態であるということをきちんと認識する必要があります。
最近は法律が厳しくなった背景などもあっていきなり違法な貸し付けをするようなところはありませんが、少しずつ違法な貸し付けを行うような場合が多いので気付かない間に借金が増大していることも少なくありません。

携帯電話型のヤミ金

昔は街頭や電信柱などに電話番号がかかれている融資の広告などを見かけることが多くありましたが、電話一本するだけで簡単にお金を借りることができるというもので、急な借り入れが必要になってしまったという理由から電話をして借りるケースは多くありました。
携帯電話型のヤミ金は店舗の実態がないのが特徴となっていますが、これは警察などが調査を始めた場合に簡単に逃げることができるようにしているためで、使用している携帯電話についてもプリペイド型の場合が多く、電話だけでは足がつかないようになっているのも特徴です。
ちなみにこうしたタイプのヤミ金は090金融とも言われていますが、借りたお金を返さなかった場合はとにかく執拗な取り立てや催促をするのが特徴になっており、応じない場合は近所や会社などに嫌がらせをするような場合もあります。
そうならないためにも最初からこのような業者は利用しないのが鉄則ですが、もし利用してしまった場合は一人で問題解決を図ろうとするのではなく必ず弁護士や司法書士などに相談をしてアドバイスを貰うようにしましょう。
また嫌がらせの中に犯罪に関連するようなことがある場合は警察に相談するということも忘れないようにしなければなりませんが、とにかく放って置いても問題は解決するどころか悪化する一方になるので注意が必要です。
ヤミ金と知らずに利用してしまった場合は早めに対応しないと取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。

複数の借金がある場合の対策

ヤミ金を利用してしまうリスクは借金を抱えている状態になるほど高くなると言われていますが、その理由としては借金をしていると新たに金融機関からお金を借り入れるのが難しくなってしまうためで、借りることができる銀行や消費者金融が無いという理由から借りることができてしまうヤミ金に行きつくというものです。
その時点で違法業者と分かっている人は半々くらいだと思いますが、薄々気づいている人でもすぐに返済をすればどうにかなるという希望的観測な目で見ていることが多く、実際に借りてしまってから地獄をみるようになります。
複数の借金を抱えている場合などは特にお金を借りることができずに、ヤミ金の利用リスクが高まってしまいますが、借金が複数にわたってある場合は一つにまとめるというのも方法としてあり、借金がまとまることによって借金返済を促すことが可能になります。
複数の借金が一つにまとまれば毎月の返済額は少なくなり金銭的な負担は減るので新たに闇金からお金を借りてしまうことを防ぐことができるかもしれませんが、おまとめローンを利用する場合は金利についても気をつける必要があります。
せっかく借金をまとめることができても金利が高いと毎月の負担額は大きくなってしまい、なおかつ元本がなかなか減らないことによって借金の完済まで行きつかないようなこともあるので、そうならないように計画性を持って借金完済に向けた返済を進めていくことが大切です。

高金利での借り入れの対策

金融機関からお金を借りる場合に個人向けのカードローンなどを利用する場合はその日に借りることができるというメリットがある一方で、いろいろあるローンの種類の中でも相対的に金利が高いというデメリットがあります。
金利が高いということは毎月の返済額が一定の場合は元金の減り具合が小さくなるので、返済していても思ったより借金が返済できてない状態になっています。
そうならないためにもお金を借りる場合は計画性を持ってきちんと借りることが大切で、なおかつ金利の部分についても注意を払う必要性がありますが、金利の支払いに追われている中で新たにお金の借り入れが必要になった際に、ヤミ金を利用してしまうようなケースは少なくありません。
ヤミ金は誰でも借りることができるようになっており、特に銀行や消費者金融などに申し込みをして断られた人が利用してしまうケースが多くありますが、これらの金融機関から断られてしまった時点でお金を借りることができるような状態にはないということを自覚する必要もあります。
ヤミ金を利用しないためにも既存の借金は完済することが望ましいですが、金利が高いことに対して悩みがある場合は借り換えローンの利用がおすすめで、これは既存の借金をさらに金利が低いところで借り直すというものです。
特に長期ローンを設定している場合の借り換えローンのメリットは高くなっているので、まずは借り換えローンの検討をしましょう。

クレジットカードの盲点

クレジットカードを利用することによって後払いのシステムでお金の借り入れができるのは非常に魅力な部分となっていますが、通販サイトなどでも最近はクレジットカードによる決済が可能になっているので、便利に買い物をすることができるようになりました。
また、最近ではキャッシング機能が付帯されているタイプも増えているので、便利にお金の借り入れをすることもできるようになっていますが、その一方で利便性の罠にかかってしまい必要以上に借り入れをしてしまい借金を返済することができない状況に陥る人もいます。
借金の返済が厳しい状態になっていると銀行や消費者金融からお金を借りることも難しくなるのでお金を必要とする人はヤミ金に手を出してしまうケースが多いのですが、ヤミ金を利用してしまうとさらに借金問題は悪化の一途を辿ることになるのでそうならないように気をつける必要があります。
ヤミ金と言ってもさまざまなタイプがありますが、最近はソフトヤミ金と呼ばれるタイプが非常に増えており、高額な貸し付けはしないまでもいつまでも借金が返済できないような状態を作ってきます。
特にクレジットカード地獄に陥ってからヤミ金を利用するケースが増えているので、クレジットカードを利用する場合は計画性を持ってきちんと利用することが大切です。
また、少額であってもお金を借りる場合はどんな金融機関であっても事前に金融機関の情報をきちんと調べておくことをおすすめします。

PAGE TOP