ヤミ金の特徴について

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

高待遇での貸し出しはヤミ金の可能性

銀行や消費者金融がターゲットとしているのは安定した収入があってきちんと貸したお金が返ってくるであろうという人ですが、安定した収入が無くて貸しても返ってくるかどうか分からない人に対して貸し出す金融機関はほとんどなく、立場的に考えても安定した収入が無い人に貸さないというのは妥当な判断だと言えるでしょう。
しかし、借りることができない人の中にはどうしても借りる必要があるという人もいるので、その人たちがどのようにお金を工面するかという問題にもなってきますが、ヤミ金を利用してまとまったお金を借りるという選択肢を取る人も少なくありません。
ヤミ金は最初から銀行や消費者金融でお金を借りることができなかった人をターゲットにしているので、誰でも貸し出すといったニュアンスであたかも高待遇かのような感じで借り入れを促してきますが、それに誘われてついつい借りてしまうと一気に借金地獄の中です。
ヤミ金を利用しないように気をつけるためにも違法業者かどうかということを事前に見極める必要性がありますが、高待遇でも誰でも借りることができるような誘い方をしている金融機関は十中八九がヤミ金です。
また、お金を借りる場合はリスクを伴うということにも注意を払う必要がありますが、特にヤミ金は一度でも利用をしてしまうと抜け出すことができない借金地獄に陥ってしまうということも肝に銘じることが大切で、事前に金融機関の情報を調べておくようにしましょう。

借金事情を突いてくるヤミ金

銀行や消費者金融からお金を借りている人の中には返済することがなかなかできないという状況に陥っている人もいるかもしれません。
どれだけ借りた時は完済することができる能力があったとしても、返済をしていく過程の中で仕事が変わって収入が少なくなってしまうことや支出が増えてしまうことによって借金地獄に陥ってしまう可能性は十分にあります。
借金を抱えている最中にヤミ金から直接的に連絡が届くようなことがありますが、お金が無くて困っているタイミングくらいでかかってくることが多いので、ついつい流れに乗って借りてしまうことがあります。
しかし、これはすべてがヤミ金の罠であるということを認識する必要があり、ヤミ金は裏取引によって金融取引の状態などを掴んでいるので、これによって借金をしている状態の時にヤミ金から連絡が直接的に届いてしまうというものです。
銀行や消費者金融というのは安定した収入がきちんとあって借金を返済することができる人をターゲットにしていることが多く、銀行や消費者金融側から借り入れを催促してくるようなことはほとんどありません。
一方でヤミ金というのは借りることができなくて困っている人をターゲットにしているところが多いのでお金に困っている人ほど被害に遭いやすい特徴もあります。
いずれにしてもお金を借りることができる環境というのは利便性がある一方でリスクを伴うということについても注意を払う必要が出てきます。

少額短期融資が基本

銀行や消費者金融でお金を借りる場合は少額融資が基本であるカードローンにおいても100万円から数百万円という単位を借りることができるところがほとんどになっていて、借り入れ金額が多くなるほど借りている金額に対してかかってくる金利については小さくなっています。
一方で、ヤミ金からお金を借りる場合については100万円以下の少額融資であることが多く、すぐに借りることができるようなところが多くなっていますが、少ないお金を貸して多額のお金を取ろうというのが魂胆であり、一度でも借りてしまうと借金地獄に陥ってしまうような仕組みを作っているので少ない金額であっても借りることは厳禁です。
また、最近はソフトヤミ金なる業者も増えていますが、借り入れの金額が少ないのが特徴となっていて、金利についてもそこまで高くないものの、手数料などが高く設定されていることが多くなっています。
あまり執拗な取り立てや催促がないので利用している側はついつい借りてしまうことが多いのですが、返済が遅れてくると態度を一変させて執拗な取り立てや催促などを行うようになるのが特徴にもなっています。
いずれにしても賃金業者としてきちんと登録を受けてない金融機関でお金を借りるのは危険な行為であり、違法金利でお金を借りていると返済していても完済には近づきません。
また、お金を借りることができる金融機関は信販会社などもあるので借りることが難しい場合は借り入れが可能な金融機関を探してみることをおすすめします。

執拗な取り立てや催促

お金を借りようとする場合に本来なら正規の金融機関である銀行や消費者金融、他には信販会社や信用金庫などが借りる金融機関としては望ましいです。
消費者金融についても一昔前まではサラ金と呼ばれ上限金利を超えての貸し付けをするところが大半だったものの、賃金業法が改正されてからは上限金利を厳守して貸し出しをするところが中心になりました。
従って消費者金融でお金を借りても返済することができないというような状態になることはあまり考えられませんが、ヤミ金の利用についてはリスクが伴うという点にも注意する必要性があります。
また、ヤミ金については危険性をきちんと認識することも大切ですが、違法な貸し付けなどを積極的に行っており、最近は消費者金融に姿を似せているようなところも増えているので、利用している人の中には知らずに利用してしまい借りる中で違法業者であることに気付くような場合もあります。
ちなみにヤミ金の特徴としては執拗な取り立てや催促を伴うのが一般的となっていますが、法律順守という考えは毛頭ないので、とにかく脅してマインドコントロールしてすべての財産を徴収しようというのが根底にあります。
そこに脅迫などが入ってくる場合は迷うことなく警察に相談することをおすすめしますが、その時に何も対応してくれなくても調書を取ってもらっておくだけでも後からのことを考えると十分に意味があるので、まずは調書を取ってもらうようにしましょう。

高額な手数料の請求

最近のヤミ金と言えば高額な手数料を徴収してくるのが特徴となっていますが、高い金利での貸し付けについては業者側にリスクを伴うという理由からそれ以外の方法で悪寒を徴収するというのが流れになりつつあり、その中でも手数料を名目にすることが多くあります。
最初からいきなり手数料を請求してくるというよりも利用を進めてしばらくしてから請求してくるケースが多くなっており、法外な手数料の請求に応じないようにしないといけません。
ちなみにヤミ金を利用するケースとして最初から違法な業者だと分かっていて手を出す場合と違法な業者だと知らないで手を出してしまうケースがありますが、気をつけないといけないのは違法な業者だと知らない場合です。
知らなくて利用するというのはあまり考えられないかもしれませんが、最近は法律の目から逃れるために表向きは消費者金融にしているところが多く、スタッフの対応も正規の金融機関より良質な対応であることも多いのが特徴です。
利用する前に借り入れを使用としている金融機関の情報をインターネットで調べるだけでも違法業者の利用は回避することができるので、まずは情報をきちんとチェックすることをおすすめします。
また、お金を借りる場合に全般として言えることですが、新たにお金の借り入れをしようとする場合は借り入れの目的を明確化させることが必要で、どのような目的で借りるかどうかということを明確化させておくことも大切です。

ヤミ金を運営しているところ

ヤミ金を利用してしまうとたちまち借金地獄の中に入ってしまうことになりますが、高金利でなおかつ法外な手数料を請求してくるため、最初は少額のお金しか借りてなくても日に日に借金は膨れ上がってしまい、最終的には自力でどうにも返済することができない状態にまで追い込まれることがあります。
ちなみにヤミ金を運営しているのはその筋の人であるというイメージが強くありますが、確かに裏社会に生きる人たちが運営して組織の資金源になっているケースも多いものの、最近は法律が強化されたことで組織的な運営が厳しくなったことから以前に比べると組織的な運営は少なくなっています。
そのため、最近では個人でヤミ金を運営しているところも増えていますが、すぐに身を隠すことができるように店舗などを借りないで運営しているところも少なくなく、イメージしている違法業者とはずいぶんギャップがあることもあります。
いずれにしてもお金を借りる場合はヤミ金を含む違法な業者から借りてしまわないように気をつける必要がありますが、特にお金が急に必要となり焦っているような場合は違法な借り入れをしてしまう可能性があるので十分に気をつける必要があります。
また、消費者金融からお金を借りようとする場合も違法業者が扮している可能性もあるので必ず事前にきちんと賃金業者としての登録を受けている業者かどうかということをインターネットを用いてチェックしておくようにしましょう。

PAGE TOP