ヤミ金 借りるどうなる

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

急にお金が必要になった場合でも今は銀行や消費者金融に申し込みをすることによって即日でお金を借りることができるようになっており、以前のように高金利で違法な貸し付けをするような賃金業者も法律の改正によっていなくなったので安心してお金を借りることができるようになりました。
その一方でお金を借りる上での審査条件については厳しくなっていて、安定した収入があるのはもちろんのこと過去に金融トラブルを起こしたことがないかということや現在進行形で金融トラブルがないかということについても関係があります。
気をつけないといけないのはお金を借りることが難しい状況にある人で、消費者金融や銀行に申し込みをしてお金の借り入れが断れた場合にヤミ金を利用してしまう人が増えていています。
一度でもヤミ金を利用してしまうと借金を全額返済するのは難しくなると言われているほど危険な業者ですが、そもそも賃金業者としての登録を受けているわけではないので法律に関係なく違法な貸し付けを行ってくるのが特徴となっています。
ヤミ金はインターネットでも積極的に宣伝をするようになっていて、あたかも正規の消費者金融であるかのような振る舞いのところもありますが、一度でも利用してしまうと自力で借金を返済することは難しくなってしまうので絶対に賃金業者としての登録を受けてないところで借りないようにしましょう。
また、お金を借りるということは返済しないといけないお金が同時に発生するということですが、正規の金融機関からお金を借りる場合でも共通しているのは返済義務が生じるということなのでその点には気をつけてお金を借りるようにすることも大切です。
昔に比べるとさまざまな金融サービスが提供されるようになっていますが、カードローンやクレジットカードなど利用においては利便性がある一方で必要以上に借りてしまって返済することができなくなり、困って違法業者からお金を借りるようなケースもあるので十分に注意が必要です。

ヤミ金とは?

急にお金が必要になった場合でも今は消費者金融や銀行、クレジットカードを発行している信販会社などでもお金を借りることができるようになっているので、急な借り入れに対応してくれる正規の金融機関はたくさんありますが、借りるためには審査を受けないといけないのは共通項です。
審査で見られる項目については安定した収入があるかどうかということや過去に金融トラブルを起こしたことがあるかどうかという点ですが、これまでに金融トラブルをたくさん起こしてきたことがある人は正規の金融機関でお金を借りることができないようになっています。
そのような人が行きつく先として多いのはヤミ金と呼ばれる違法業者になりますが、ヤミ金は基本的に誰に対しても貸し付けるのが一般的となっており、法外な金利での貸し付けで大きな利益を得ているのが特徴です。
違法な貸し付けをするということで賃金業法などは根本的に無視をした貸し出しになっているわけですが、実際にヤミ金を利用してお金を借りて返済することができなくなって違法な取り立てなどの被害に遭っている人はたくさんいます。
違法業者にもいろいろな種類の業者がいるので注意する必要がありますが、最近は消費者金融と同じような体を成しているところがあり、正規の金融機関から本来なら借りることができるような人でも間違ってヤミ金を利用してしまうようなケースが増えています。
一度でも借りてしまうと返済は難しくなるので借り入れをしないようにすることが大切です。

借入のメカニムズ

闇金を利用することによって地獄を見ることになるかもしれないので絶対に利用しないようにしたいものですが、どのような形態で運営しているかということや利用するとどうなってしまうのかということをきちんと把握しておかないと利用してしまうケースは十分に想定されると思います。
闇金を利用するリスクとしてあるのが金利の高さですが、今は法律によって上限金利が20%になっているので、どんな金融サービスであってもこれを超える金利で貸し出しをしているようなところはありません。
しかし、闇金になってくると賃金業法は全く無視になってくるので、利用することによって違法な金利での貸し付けを強要されてしまうようなこともありますが、他にも高額な手数料を請求されてしまうことや執拗な取り立てなどの被害を受けてしまうことがあります。
借りる方法としてはカードローンに似る部分もありますが、いつでも借りることができるということを謳い文句にして貸し出して、そこからすべての財産を搾取するように返済することができないような状態に持って行くのが常套手段になっています。
最近はインターネット上にも多く出没するようになったのでお金の借り入れが必要になった場合にインターネットで調べるという場合も気をつける必要があります。
また、消費者金融に扮していることもあるので名前を聞いたことがないような消費者金融を利用する場合は事前に登録番号などをきちんと確かめておくことも必要です。

サラ金との違い

昔はヤミ金だけでなくサラ金による被害も目立っていましたが、最近になってからはサラ金を利用して借金地獄に陥るというケースは極端に少なくなっていて、違法な借り入れをした場合はほとんどがヤミ金を利用したことによります。
そもそもサラ金というのはサラリーマン金融の略称ですが、正規の金融機関でもある消費者金融を利用する人の多くがサラリーマンだったことがサラ金と呼ばれている所以となっており、法律が改正されて借り入れに対するルールが厳しくなったことによってサラ金は違法な金利での貸し付けをすることが無くなりました。
しかし、昔は今のように法律が厳しく無かったこともあって必要以上に違法な貸し付けをする消費者金融が多くいましたが、この頃に借りて借金地獄に陥った人も多く、債務整理をして自己破産をする人や事件などに発展するケースも増えたことからサラ金に対しては法律によるメスが入ることになりました。
一方でヤミ金については今でも昔でも法律を無視して貸し出す違法な業者であることから法律が改正されても関係なく違法な貸し付けを未だに行っており、単に高金利で貸し出しをするだけでなく手数料を法外に搾取するようなパターンも増加傾向にあります。
いずれにしてもトラブルに巻き込まれないためにはきちんとした業者からお金を借りることが重要なポイントになってきますが、ヤミ金についてはリストアップされている情報がインターネットにもあるので事前にチェックしておくとよいでしょう。

ヤミ金の歴史

ヤミ金を利用してしまって借金地獄に陥ってしまう人は今も昔も変わらずいますが、昔に比べると違法業者に対して法律の取締りが強化されたこともあって違法な貸し付けをするところは相対的に減少している傾向にあるものの、それでもまだまだヤミ金による被害が無くなることはありません。
昔からヤミ金と呼ばれる業者は日本にたくさんいましたが、銀行や消費者金融のサービスや形態が時代の流れと共に変わってきたようにヤミ金の形態というのも昔に比べて変わっているというのが実際のところです。
また、インターネットが普及したことも違法業者がより違法な貸し出しをしやすい環境を作ったとも言えますが、違法な業者がサイトを開設して既存する消費者金融の名前を勝手に使用して違法な貸し付けをするというケースは多くあります。
一度でも使用してしまうとすぐに借金地獄へ陥ってしまうことを考えると借り入れについては十分に気を付けたいところですが、借金を作ってしまわないためにはどうすればいいかということもきちんと考えることが必要であると言えるでしょう。
違法な貸し付けで借りてしまったお金に対して返済する義務はありませんが、それでも執拗な取り立てをされるとついつい払ってしまうのが人間の心理というものです。
もし、利用してしまって借金返済がどうにもならなくなった場合は必ず弁護士や司法書士など法律の専門家に相談することが大切で、それによって問題解決を図ることが可能になります。

ソフトヤミ金とは?

お金を事業として貸し出す場合はきちんと業者としての登録をしなければなりませんが、賃金業者として登録を受けることができてから始めてお金の貸し借りが可能になります。
ヤミ金と言ってもさまざまな形態の業者がいますが、今はインターネット上でサイトを開設して正規の金融機関であるかのような立ち振る舞いをしているところも多く、昔は明らかに違法業者だと分かって借り入れる人が多かったのに対して最近では違法業者と分からずに借りてしまう人が増えています。
最近は新たな金融業者のタイプであるソフトヤミ金と言う業者も増えていますが、ソフトヤミ金は違法な貸し付けは行うものの、従来の違法業者に比べると金利が低いのが特徴となっており、消費者金融のような振る舞いをしているのが特徴です。
丁寧な対応をすることもあって利用者は安心して借りてしまうのが特徴となっていますが、ソフトヤミ金と言っても利用をしてしまうとすぐに借金地獄の中に入ってしまうことを考えると利用については慎重さを重視したいものです。
昔に比べるとさまざまな業者が増えていますが、いずれにしてもお金を借りるということはそれだけリスクがかかるという点にも注意する必要があります。
また、焦って借り入れる時ほど失敗するリスクが高まる時はないので、リスクに考慮した借り入れというのも必要な条件になってきますが、銀行でも消費者金融でもお金を借りる場合は下調べを怠らないようにすることが大切です。

昔と今で違うヤミ金事情

昔と今ではヤミ金の事情というのはかなり変わってきていますが、昔はとにかく高金利での貸し付けをするのが一般的だったものの、最近は金利を高くするのではなくどちらかというと手数料などを高く徴収して、最初に借りる際の敷居を下げているのが特徴となっています。
昔は法律による取締りがそこまで強くなかったこともあって違法な貸し付けをするところが目に見えて多くありましたが、法律が強化されてからはかなりヤミ金自体が縮小したので、昔に比べると見て分かる違法業者の数というのはかなり減ることになりました。
しかしながら違法な貸し付けをする業者と言うのは今でも多く存在しており、厄介なのが正規の金融機関のような風に見せているところが多いという点で、利用している人の中には違法業者であるという自覚がない人もたくさんいると言われています。
ヤミ金は事前にインターネットを使って調べることができるようになっているので、まずは情報収集から行うことをおすすめしますが、これからお金を借りようとしている場合に候補となる金融機関がある場合は必ず実在する金融機関であるかどうかというのもチェックしておく必要があります。
また、利用してみて違法業者だと感じるような場合は利用しないように気をつける必要がありますが、もしも利用してしまった場合は慌てずに返済を焦らないで弁護士や司法書士など法律の専門家に相談してアドバイスを貰うようにして対応しましょう。

PAGE TOP